商品情報にスキップ
1 4

深蒸し 静岡県牧之原市中+きらり31

No reviews
通常価格 ¥1,728
通常価格 セール価格 ¥1,728
セール 売り切れ
税込
配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

●5,500円(税込)以上のご注文で送料無料!

商品特徴


chagamaの「深蒸し 静岡県牧之原市中+きらり31」は、濃いけど苦渋くないお茶をお探しの方に最適なお茶。

摘採日は4月中旬。
ミル芽(静岡の方言で若い芽のこと)で摘みました。
しっかりと蒸しているので、ミル芽と相俟って茶葉は細かく、見た目からして濃そうです。

水色(すいしょく)は、深蒸し茶らしく濁りのある黄緑色。
緑茶に含まれる健康的な成分を、十分に抽出することができます。

日本茶は「甘渋苦(かんじゅうく)」を味わえる飲み物。
ですので濃く淹れる場合、渋味と苦味も濃くなりがちです。
もちろんそれを愛する方もいますし、苦手な方もいらっしゃいます。
苦渋くないけど濃い、コクがあるのがこの「深蒸し 静岡県牧之原市中+きらり31」。
舌で感じるのではなく、喉で感じるコクある濃さをご堪能ください。
二煎目以降も十分に濃いです。
鮮度感ある香りも特徴の一つ。

産地:静岡県牧之原市中

生産者:勝間田菱中茶農業協同組合

品種:きらり31

産地


牧之原台地は島田市、牧之原市、菊川市にまたがる、日本一の広さを誇る茶産地です。
産地としての歴史は意外と新しく、明治初期から始まります。
不毛の台地と呼ばれた牧之原台地を日本一の茶産地へと開墾したのは、ラストサムライ。
徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜公に仕えた武士達が刀を捨て鍬へ持ち替えて、日本一の礎を築きました。
中は、その「牧之原台地」の一角にあります。

品種


「きらり31」日本茶の品種としては現代風の名前ですが、それもそのはず。
2016年に品種登録された新しい品種なのです。
太陽の光を一杯に浴びながらすくすくと芽を伸ばすことを表す「31」。
太陽=SUN=3
一杯=1
そして「きらり」と光る品種になることを期待して「きらり31」です。
まだ生産量が少なくレアな品種
アミノ酸の含有率が高く、色沢に優れ、かぶせ茶玉露にも適すると評価されているので、大いに活躍する品種になることをchagamaも期待しています。